葛の花って何?

葛の花減脂粒

葛はマメ科クズ属の植物になり、夏になると紫色の小さな花が咲きます。

 

日本では全国各地の山に自生している植物で、繁殖力が強く荒れた土地でも育つことから、昔から葛湯や葛餅、葛きりなどの材料に利用されてきました。

 

秋の七草でもある葛は、日本ではなじみ深い植物の一つで、つるを煮出して繊維を取り出し衣類を作ったり、伸びたつるを切って籠を編んだりするなど文化や生活に密着している植物です。

 

食用に使われる葛は主に根の部分になり、雑貨に使用されるのはつるの部分でしたが、近年の研究により葛の花にも優れたパワーがあることが確認されています。

 

葛の花を乾燥させてできた生薬は「葛花」と呼ばれ、香り成分の他に有効成分でイソフラボンやサポニンが含まれています。葛の花はお酒を解毒する効果があるといわれ、二日酔い対策で利用されてきました。しかし最近では葛の花に含まれているイソフラボンとサポニンによる、お腹周りに付いた脂肪を減らす効果と、そのメカニズムに対する注目度が高くなっています。

 

葛の花の使い方は、乾燥した花を水から煮出してハーブティーのように飲みますが、葛の花減脂粒のような葛の花由来のイソフラボンを配合したサプリメントもあります。

葛の花の効果効能について

葛の花に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じような効果が得られることから、美容やホルモンバランスを整えるために利用されている成分です。
ポリフェノールに分類されているイソフラボンは酸化を抑える働きがあり、血液の流れをスムーズにしたり、細胞の劣化を抑える効果が期待できます。

 

女性のための成分という印象が強いイソフラボンですが、男性ホルモンが優勢になって発生する悩みの解消にもつながるため、男性も摂取できる成分です。

 

エストロゲンは男女共に年齢を重ねるにつれて減少する傾向があります。エストロゲンには善玉コレステロールを増やし、カルシウムの吸収を促進する働きもあるので、イソフラボンは身体の調子を整えたい時にも役立てられます。

 

そして、葛の花に含まれているサポニンにも抗酸化作用と抗菌作用があり、脂質の酸化を抑えるのに効果を発揮します。サポニンは脂質を溶かす性質があることから石鹸にも利用されていて、脂質の吸収を抑える働きが見込める成分です。

 

葛の花由来のイソフラボンが配合されている葛の花減脂粒は、体脂肪を減らす効果が期待できる機能性表示食品です。植物から抽出した成分であり、薬と違って体に負担をかけることがないので、緩やかに脂肪を減らしていきたい方にぴったりのサプリメントです。

葛の花で脂肪を落とすことができるメカニズムとは

葛の花減脂粒

 

機能性表示食品の葛の花減脂粒は、一体どのようなメカニズムで脂肪を減らしていくのでしょうか。このサプリメントの公式サイトによると、葛の花由来のイソフラボン配合のサプリメントを12週間摂取する試験を実施したところ、お腹周りの脂肪が平均で20cm近く減少したという結果が出ました。

 

被験者のプラセボ効果ではないことを証明するため、葛の花由来のイソフラボンが含まれていないサプリメントを同じ期間摂取する試験も行いましたが、こちらでは脂肪を減らす効果は確認できなかったため、葛の花由来のイソフラボンがお腹周りのダイエットに効果的だという結果になりました。

 

機能性表示食品とは、含まれている成分の効果や効能を明確に表示できる食品になり、科学的な試験を行い客観的なデーターを用いて、サプリメントが持つ機能の申請を行います。安心して利用するための安全性の確認も実施して申請しているので、機能性食品は効果的で続けやすいサプリメントになっています。

 

葛の花由来のイソフラボンは、指でつまんで確認できる皮下脂肪だけでなく、見た目では分かりにくく生活習慣病を招く可能性のある内臓脂肪を減少する効果も期待できるので、ダイエットだけでは実現できなかったポッコリお腹の解消の手助けになります。

 

>>葛の花減脂粒の体験談はこちら